目の下のクマを解消して若々しい見た目にする【若返りのヒミツ】

不自然な印象を改善

シワ

原因から見る種類

目の下にできるクマは、その原因からいくつか種類にわかれます。茶色い感じの色は色素沈着によるもので、紫外線によって生じたものがそのまま残ってしまうことで起こります。青い感じのクマは、血行不良が考えられます。目の下の部分には多数の毛細血管が集中しているので、血行が悪いと皮膚に浮き出てしまうのです。そして、黒い感じのクマは、たるみによって生じた影がそうなっていることが多いです。この場合はたるみを目立たなくしていく必要があります。このことから、その原因に応じた対策を受けていくことが大切です。日ごろのスキンケアを工夫していくことでクマも改善しないこともないですが、それでも目立つ場合は美容外科での治療がおすすめです。目の下は皮膚も薄くデリケートな部分でもあるので、専門的な治療が安心な場合もあります。この治療なら目の下にできる不自然な印象を、効果的に変えていくことができます。

治療で気を付けたいこと

こういった目の下のクマは、レーザーを使った治療が行われています。このレーザーは、新陳代謝を促していく働きをするので、新しい肌へ再生することでクマも自然に消えていきます。血行不良の場合も血流改善に効果があるので、健康的な肌を出していくことができます。たるみによって生じるクマはレーザーでも改善は期待できますが、状態によってはいくつかの方法が用意されています。ヒアルロン酸注入による方法や、たるみによる脂肪を取り除く方法もあるので、美容外科の医師と一緒に判断していくことになります。また、レーザー治療の場合は、1回だけの施術では完全にクマを目立たなくしていくことは難しいです。そのため、複数回受けていくことをあらかじめ理解しておくようにしましょう。美容外科ではその治療の回数がセットになっていることが多いので、これで様子を見ながら治療を続けていくことが大切です。